ベストな引越しにしたいと思って行っていること

64004
私が思うベストな引越しとは、できる限り安く済ませることです。
引越しを行うということは、生活の環境が変わるために色々と出費が嵩んでしまうことが多いです。

ですから引越しの費用を安く済ませることによって、他の出費に充てることが可能になります。
そこで安く済ませるために行っていることの1つ目は、荷物の選別をしっかりと行うことです。

引越しでは荷物の量と新居までの距離によって総合的な支払額が算出されます。
ですから荷物の量を少しでも減らすことができれば、その分お得になります。

ですから荷物の整理を行う時は、本当に必要なのかと考えながら選別を行いました。
このようにすることで、不要な物はほとんど処分できました。

安くするために行っていることの2つ目は、業者を詳しく調べることにあります。
現在数多くの引越し業者が存在しますが、当然ながらそれぞれの業者によって、サービスの内容は異なります。

私の場合は割引の数や金額という点に注目しました。
この2つを行うことによって、ベストな引越しにすることができています。

関連:引越し単身の相場がわかる【格安・料金が安いところは?】
もし、お一人で引越しするなら、こちらで見積りをとったほうが良いでしょう。

引越祝いであげてはいけないもの

64047
身近の親しい人が引越をすると引越祝いに何かあげる人も多いかと思いますが、何をあげてもいいわけでもありません。
相手の人がもらうと嬉しいものがいちばん好ましいですが、これをあげたらタブーというものがあって、赤色や火を連想させる品物は縁起が悪いので送ってはいけないのです。

このマナーを知らない人も多いみたいでそんな品物を引越祝いであげる人も少なくないです。
火を連想させるものとしては、ストーブ・ファンヒーター・卓上コンロ・トースター・ライター・灰皿・お香・キャンドルなどですが、これらのものがないとあったら非常に便利なものばかりですが、引越祝いのマナーとしては送るのはタブーなのです。

火に関係がないようなものでも、赤色の花とか衣類とか真っ赤なものも送ってはいけません。
このようなマナーがあることを知らない人も多いので、赤色や火を連想させる品物を引越祝いでもらって気にする人もあまりいないかとは思いますが、送る側のマナーとしては送らないようにしましょう。

引っ越し後の家具の配置は入念に

引っ越しをする時は、新居に家具を運んでどこに配置するかという事を、入念に決めておかなくてはなりません。
私の場合、とても重いタンスを引っ越し業者さんに運んでもらったのは良いものの、後で部屋全体の配置を考えた時に少しだけ移動したくなって、自力で何とか位置をずらしたのですが、そのとき床を擦りつけてしまい、引っ越したばかりの新居に傷を付けるという失態を犯してしまいました。

また、冷蔵庫のスペースを事前に計算して配置したのですが、扉を開けるスペースのことまでは完全に計算していなかったので、扉を全開にしたときに壁にぶつかってしまうという事態になり、壁にクッション材を張り付けるという方法で対処をしました。
その他に引っ越し時に問題になり易いのが、ピアノをどう運ぶについてだと思います。

これについては事前に私も相当気を使っていたので、玄関からリビングまで運ぶには経路上のスペースが確保出来ない事は分かっていました。
そこでリビングの掃き出し窓を利用して、庭から直接リビングに持ち込むという方法をとり、事無きを得ました。

家具の配置は、引っ越した後に生活を初めて暫くしてからこうすれば良かったと気付くことも多々あると思いますが、出来ればその辺りもシミュレートした上で計画を立てていきたいものです。

早くから不用品の処分を始めましょう

引っ越しは、準備を始めるのに早すぎるということはありません。
新しい家を見始めてから、もう引っ越しの準備を始めてもいいくらいです。

引っ越しの準備の中で、まず初めに行うのは「不用品の処分」です。
引っ越しは断捨離の絶好の機会です。

3年、少なくとも5年間使っていないものは、この先もまず使うことはありませんから、思い切って捨てましょう。
お子さんに使った物をお孫さんに使うことを考えている場合もあるでしょう。

その場合は、その物自体がどの程度劣化しているかで判断します。
この先10年20年は持たないなと思ったら、処分します。

劣化しないような物なら大丈夫ですから、取っておきます。
不用品の処分は、①市の粗大ごみの日に出す ②市の処分場へ持ち込む ③業者に頼む の3通りの方法があると思います。

この中の②の市の処分場ですが、土日は受け付けていない所が多いので要注意です。
③業者については、電話帳で廃品回収業者や便利屋を頼むと言う手もありますが、引っ越し会社が決まったら、そこに相談するという手もあります。

引っ越し会社ではエアコンの処分等も引き受けますが、その際引き取るのは当然引っ越し会社ではなく、提携している廃品回収業者です。
提携している会社なら安心ですね。

このように、まず不用品を処分してしまいましょう。
それから、引っ越し1、2ケ月位前から、使わない季節物から段ボールに詰めていきます。

キッチンで毎日使う道具などは、引っ越し当日の朝、最後に詰めることになると思いますが、引っ越し前日からコンビニやファミレスを使うと、詰め忘れが無くて済みます。

新しい家に引越ししたこと

私は2年前に新築の家に引っ越してきました。
どこの引越し業者に頼むか悩んだのですが、テレビでCMをしている有名な業者に頼むことにしました。

その方が安心感があったからです。
見積もりを出してもらうために家に来てもらいました。

家に上がってもらって話していたら、夫の母校の先輩だということが分かり、一気に親近感が沸きました。
タンスや洗濯機などの大きいものを引越し業者にお願いし、自分たちで運べるものは自分たちですることにしました。

引越しを考えていた時期が引越しの多い時期に重なってしまい、引越す日を選ぶ候補は少なかったです。
引越し当日、出来るだけ夫と二人で物は運んでいたので、大きなタンスが残っているような状態でした。

高さの高いタンスだったので家からうまくでてくれるのか、新築の家の2階まで運べるのか、とても不安がありました。
初めて夫と選んで購入した家具だったので、思い入れの多いタンスです。

私は新築の家の方で待っていました。
タンスは前の家からはすぐに出たようなんですが、新築の家の階段が難関になってしまいました。

何度も角度を変えながら、少しずつ移動してもらい無事に希望していた場所にタンスを置いてもらうことが出来ました。
引越し業者にお願いしてよかったと思いました。

一番費用が安いところを見つけ出しました

私は以前引越しをしたことがありますが、できるだけ費用を抑えたいと思い、業者選びは慎重に行いました。
単身で荷物も少なめだったため、どの業者も比較的費用は安めだったのですが、数社を比較して、一番費用が安いところを見つけ出しました。

ただ、値段が安い分作業内容や対応に問題があるのでは?という不安はあったので、その業者の口コミなどを確認し、信頼できるところだと確信できてから申し込みを行いました。
引越し当日は時間通りに業者の方が来てくれましたし、荷物の梱包や運び方もとても丁寧で、安心して作業を任せることができました。

作業はとてもスピーディーで無駄が無く、引越しをすべて完了させるまでに掛かった時間は3時間程度で済みました。
もう少し時間が掛かるものだと思っていたのですが、意外と早く済んでしまうものなんですね。

荷解きや家具の配置などもある程度手伝ってくれたため、引越し後の手間も省くことができ、本当によかったと思います。